豊富な経験とノウハウで最高のダイヤモンドアートをお届けします。

ダイヤモンドアートの作り方

はじめに

ダイヤモンドアートのキットを入手したら、まずは中身をチェックしましょう。
当店の場合は、万が一ビーズ不足等があった場合には無期限で補償しております。
しかし、補償期間を設けているショップが多いので必ず先にチェックして下さい。

キットの確認

  • ビーズ
  • ツール(ペン・トレイ・ピンセット・グルーなど)
  • キャンバス
  • ビーズ対応表

(当店の付属品のため購入先によって異なります)

ビーズの確認方法

下の写真のようなビーズ対応表がキットに含まれています。

↓↓↓タップで拡大↓↓

【Code】キャンバスの記号
【No.】ビーズの色番号
【Bag.】合計袋数(1袋約200粒)
【Qty.】使用するビーズの個数
ビーズ対応表を参考に、ビーズの袋数がすべて揃っているかを確認して下さい。

ダイヤモンドアートの作り方

01キャンバスの準備

キャンバスのシートを剥がします。
ビーズを貼り付けるところだけ剥がすのがポイントです。ゴミやホコリがくっつかないように注意しましょう。

02ビーズの準備

貼り付けたい場所の記号をビーズ対応表で確認し、該当する色番号のビーズをトレイに出します。

イメージ
イメージ
03ペンの準備

ピンク色のグルーをペン先に押し込みます。
当店の付属品は1粒用と4粒用の2種類が付属しています。4粒用をペンの反対側に取り付けてご使用下さい。

イメージ
イメージ
04ビーズを貼り付る

グルーがついたペン先でビーズを拾い、キャンバスに乗せます。
4粒用は4粒まとめて貼り付けることができます。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
05完成

完成したら、重たいものを乗せておくか手で密着するように押さえるとビーズが取れにくくなります。
できるだけ広げた状態で保管して下さい。
丸めて保管する場合は、ビーズが外側になるように丸めます。
ビーズを内側にして丸めると、ビーズが剥がれてしまいますので注意して下さい。

06その他

間違えてビーズを貼ってしまった場合は、付属のピンセットなどで剥がして貼り直すことができます。
もしキャンバスの粘着力がなくなってしまったり、ホコリなどが付着してしまった場合は、接着剤や両面テープでビーズを貼り付けましょう。

完成品ギャラリーはコチラです

ダイヤモンドアートの最新情報をチェックしよう!

ダイヤモンドアート-基本編-の最新記事

>世界でひとつ

世界でひとつ

大切な一瞬、それは最高のインテリア

CTR IMG