豊富な経験とノウハウで最高のダイヤモンドアートをお届けします。

ビーズの種類

ビーズの種類

ダイヤモンドアートに使用するビーズには丸ビーズ四角ビーズがあります。

それぞれに特徴があるので詳しくみてみましょう。

丸ビーズ(ラウンドビーズ)

特徴
  • 丸ビーズはビーズ直径が約2.8mmで、四角ビーズより少し大きめ
  • ビーズ表面のカットが多いため、ダイヤモンドアートの特徴であるキラキラ感がより味わえる
  • ビーズが丸いため、向きを気にせず作業ができる
  • ビーズとビーズの間に隙間があり、完成はふんわりとした柔らかな感じに仕上がる
こんな方にオススメ
  • よりキラキラを求める方
  • 初心者・お子様・より簡単に作りたい方
丸ビーズ
丸ビーズ

四角ビーズ(スクエアビーズ)

特徴
  • 2.5mmの四角いビーズ
  • より光を受けキラキラ輝かせるため、表面のカットが2種類ある
  • 作成の際は向きに注意しキレイに並べる必要がある
こんな方にオススメ
  • 隙間なくキレイに敷き詰めたい方
  • 濃く鮮やかな仕上がりを求める方
四角ビーズ
四角ビーズ

まとめ

当店のお客様の8割が四角ビーズを選択されています。
隙間なくきっちり並ぶので気持ちがいいんですよね!

私もだいたい四角ビーズを選択していますが、たまに丸ビーズのダイヤモンドアートをすると、とても作りやすいしビーズもキラキラ輝いていて楽しいです。

どちらにもそれぞれ特徴があり、どちらが良いというわけではありません。
ダイヤモンドアートをどのように楽しみたいかで選んでみてください。
どちらも試してみると、新しい発見があるかもしれませんね☆

ダイヤモンドアートの質問などはお気軽に♡
https://diamondart-an.com/contact/

ダイヤモンドアート
ダイヤモンドアート
ダイヤモンドアート
ダイヤモンドアート
ダイヤモンドアート
ダイヤモンドアート
ダイヤモンドアート
ダイヤモンドアートの最新情報をチェックしよう!

ダイヤモンドアート-基本編-の最新記事

>世界でひとつ

世界でひとつ

大切な一瞬、それは最高のインテリア

CTR IMG